みんなでわいわいピザパーティー

日本で人気があるピザの生地

ピザの美味しさを決める大切な要素の生地は、日本では店や会社によって呼び方が違うので正しく理解できないことがあります。日本で主に食べられているピザ生地は3種類です。
まずアメリカンクラフトです。これは日本で最初に広まった生地で、厚すぎなくて薄すぎない絶妙な塩梅に、耳の部分が少し盛り上がった形状をしています。全体的にふっくらとボリュームがあるのが特徴です。次にイタリアンクラフトです。イタリア北部のミラノやローマから誕生した生地です。薄く作られ、本格的なものでは耳の部分であえ5mmほどしかありません。イタリアンクラフトという呼び方はあまり浸透しておらず、クリスピー生地と呼ばれることが多いです。最近はニューヨーク風ピザも、このタイプの生地を使っています。
そして見た目ですぐに分かるナポリ風です。のし棒を使わないで手で伸ばして作ります。サイズは35cm以下で、耳は1cm・2cm盛り上がっていますが、それ以外は4mm以下と薄いです。見た目は耳の部分が硬そうですが、手で伸ばすことで空気が縁に押しやられ焼き上がりは空気が膨張してふっくらします。外側はパリッとして内側がモチモチの独特な食感で、ハンドトスと呼ぶ会社もあります。


ピザの歴史と現在

ピザといえば、イタリア発祥の、円形の生地の上に様々な具をのせて窯で焼き上げる料理のことです。日本でもなじみ深く、友達とホームパーティーを開く際によく食べられるものです。ピザの歴史は非常に深く、古代エジプト時代に食べられていた料理がイタリアに伝来したものという説まであるほどです。現在、よく食べられている一般的なものは、1760年ごろに誕生したと言われています。
また、イタリアのみならず、アメリカでもよく食べられています。19世紀末にイタリアからの移民によって様々な料理が持ち込まれてきました。戦後はイタリア系外国人以外にも広く食べられるようになり、ハンバーガー、ホットドッグなどとともにアメリカの国民食のように扱われています。生地の上にトマトソースを塗り広げ、肉や野菜などの具ととともにチーズをのせ、窯、あるいはオーブンで焦げ目がつくまで焼きます。
ただし、具には多種多様なものがあり、トマトソースをのせないもの、チーズをのせないものなど、多種多様です。日本では、配達されるものとしてなじみ深いです。イタリアやアメリカのように、具にこだわりがなく、様々な具をのせたピザが開発されています。また、デザートとしてのピザもあり、食事からおやつまで、いろいろなものがあります。


注目サイト

永福町 歯科
都田建設を見つける
海洋散骨
貴金属買取の情報サイト

Last update:2018/12/14